唇の乾燥を防ぐには?

10月も終わりに近づき、風が冷たくなってきました。

我が家の長男は毎週土曜日に、河原のグラウンドでラグビーをしています。

その付添で家族で行くのですが、その時、唇が川からの寒風で乾燥するのです。

特にママさん達は乾燥がひどいようで、マスクで予防している方もいます。

これから寒くなると、更に気になる唇の乾燥対策についてご紹介します。

唇の乾燥

 

1.  呼吸は、口ではなく鼻で

鼻呼吸

口呼吸をしていると、唇に常に微風があたります。

特に寝ている間、ポカンと口を開けていると、朝起きたときにカサカサになります。

僕も鼻がつまり気味なのですが、鼻うがいを朝晩するなどして、鼻呼吸ができるように対策をしています。

また、口呼吸では冷たい空気がノドに直接当たるので、特に冬は風邪をひきやすくなるんです。

健康のためにも、鼻呼吸を意識してください。

 

2. リップクリーム・バームは薄くこまめに

冬には欠かせないという方も多いと思いますが、お肌の保湿クリームと同じで、たっぷり塗った後しばらくすると、かえって乾燥することがあります。

これは、外からリップクリーム等で保湿することで、唇自身の保湿する働きがお休みするために起こります。

ですから、一度に厚く塗るよりも、薄くこまめに塗る方が良いのです。

さらに、優しく弱めの力で塗ってください。

 

3.  暖かい服装で、体の冷えを防ぐ

暖かい服装と飲み物

体が冷えると血流が悪くなり、肌に十分な水分が届けられず、唇も乾燥します。

体を冷やさないように、暖かい服装を心がけてください。

乾燥がひどい方は、マスクをするのも有効です。

温かいお茶などの水分を、少しずつこまめに取ることも冷えと乾燥対策になります。

また、適度な運動で血流を良くすることも、肌と唇の乾燥予防になります。

 

最後に、唇が最も乾燥する瞬間は、オイルクレンジングや泡洗顔の後です。

唇を洗う

お悩みの方は、ぜひ「一瞬たりとも乾燥しない」当社のオールインワンクレンジングをおすすめいたします。

電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-16:00