香害に悩まされないために

香る洗剤

数年前から洗濯洗剤のテレビコマーシャルで「香り」を強調するものが増えました。

特に香りを閉じ込めたマイクロカプセルが、洗濯後も服に付着し、何らかの摩擦でそのカプセルが割れ、周りに香りが広がるという物が売れているようです。

洗濯物が真っ白

以前は「洗うと真っ白」というふうに、洗浄力や蛍光増白剤による白さを強調するものが主流でしたが、そこではもう差がつかなくなったのかも?

制汗剤や芳香剤の一部にも使われています。

 

同時に、この香りに悩まされ、気分が悪くなるという方も増えています。

「香害」というドキッとする言葉も、よく聞くようになりました。

自分が使っていなくても、他の方の服や、座った椅子から、もらうことがあります。

困ったことに、「洗濯機で、すすいでも落ちない」わけですから、髪や体を洗っても落ちにくいのです。

 

敏感肌の方は、これらの洗剤を使うのを避けたほうが良いと思います。

強い香料は、肌への刺激になりますし、カプセルタイプならなおさらです。

他の人からもらうことは、なかなか避けられないのが困りものですね。

消費者団体からの反対運動も出ているようですし、流行だとも思うので、いずれ下火になるでしょう。

 

実は、僕もゼンライフ イッポンの開発当初、少量の低刺激な香料を使ったサンプルを複数用意し、試しました。

ですが、実際の商品には香料を使いませんでした。

 

理由としては

1.  香りは好き嫌いがあり、多くの人が好む高いレベルのものを作ることが難しかった。

2. 香料を入れると、防腐剤を多く使用する必要がある。

からです。

 

化粧品って成分数が増えるほど、バランスが崩れやすくなるのです。

ゼンライフ イッポンの成分数は、わずか6つ!

6つの成分で、全てのスキンケアができるって、まちがいなく世界一シンプルで低刺激です。

 

化粧品業界でも、ファッション性の高いブランドは、国を問わず強い香料を使う傾向があります。

特にフランスの会社は香料の使い方が上手です。その分、肌への刺激は強いですが。

 

もし、敏感肌やかゆみでお悩みの方は、香料が強いものを避けることをおすすめします。

そして、ぜひ究極の低刺激ケア、ゼンライフ イッポンをお試しくださいませ。

 

 

電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-16:00