化粧品は防腐剤を入れた方が肌に優しい。

3年半に渡る、当社のオンリーワンクレンジングの開発の間、化粧品について様々な勉強をしました。

 

 

ゼンライフが作られる工場

 

 

 

重要なところは皮膚科医や研究者の意見を取り入れるのですが、その中で研究者に言われた言葉で衝撃的だったのが

「防腐剤を入れたほうが、低刺激な化粧品ができる。」

というもの。

 

ちなみに防腐剤というのは、厚生労働省が定めた「防腐剤として入れて良い成分と量」の一覧に載っているものです。

 

パラベンやフェノキシエタノールが有名です。

 

いわゆる防腐剤不使用の化粧品というものは、この一覧に載っている成分を使っていないものを指します。

そのかわりに、他の成分で防腐をするのですが、精油や殺菌剤など肌の刺激になる成分が多いのです。

 

当社のゼンライフ イッポンは「ポリアミノプロピルビグアナイド」という、目薬や、目の手術のときの洗浄液にも使われる低刺激な防腐剤を使用しています。

有名なフェノキシエタノールなどよりも更に低刺激なので、敏感肌の方にはぜひお試しいただきたいと思います。

 

また、化粧品に使われている成分数が多いほど、成分が不安定になるので腐りやすくなり、防腐剤を多くことになります。

当社のオンリーワンクレンジングは、水を含めてわずか6つの成分しか使っていません。

だから、防腐剤の量も少なくて済むのです。

下の写真は、パッケージの裏に書かれてある成分表です。

 

成分表

 

ちなみ「PEG-40水添ヒマシ油」というものがありますが、これはヒマシ油に水素を加えたもので、油の性質はなくなっています。

オイルフリーなのでマツエクをされている方にも安心して使っていただけます。

 

 

 

電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-17:00