乾燥肌から敏感肌になる理由

鼻呼吸

冬本番。風も冷たく、空気の乾燥が強くなってきました。

唇だけでなく、お肌もカサカサになりがちです。

花粉症で鼻をかむ女性

そして花粉が多く飛ぶ時期でもあります。

        

特に肌が敏感な方は、ムズムズするかゆみ、ピリピリする痛みに悩む季節です。

もともと敏感肌の方は、肌の水分量が少なくて、乾燥している方が多いです。

なぜかと言いますと

バリア機能が正常な肌

お肌の水分量がたっぷりある時は、バリア機能が正常に働き、花粉、PM2.5などの外部からの刺激や、紫外線を防ぐことができます。

ところが、乾燥して水分量が少ないと

バリア機能が壊れた肌

バリア機能が壊れ、これらの刺激物が、肌の中に入ってしまいます。

これが敏感肌の原因になるのです。

さらには「カラスの足跡」などと言われる、乾燥小じわの原因にもなります。

バリア機能について、皮膚表面を拡大して見てみましょう。

ラメラ構造

水分量の多い、うるおった肌は、角質層(角層ともいう)の中に「ラメラ構造」と呼ばれる、油分と水分がバランス良く並んだ状態になります。

これがバリア機能の正体です。

いわゆる「肌のキメが整っている」状態です。

ところが、水分量の少ない乾燥した肌は、バリア機能であるラメラ構造が乱れ、外からの刺激を受けます。

ラメラ構造

それだけではなく、肌の内側の水分も、どんどん外へ逃げてしまうのです。

では、どうすればお肌のバリア機能を高めることができるのでしょう。

よく聞く「肌の奥深くまで浸透する美容液」でしょうか?

違うんです。

実は、化粧品の成分が浸透する深さ、というか「浅さ」は、皮膚表面から0.02mm。

わずか100分の2ミリメートルなんです。

角質層の厚さ

サランラップくらいの薄さまでしか届きません。

だから、化粧品の美容成分が、肌の奥深くまで届く!というのは、多くの化粧品会社の広告戦略であって、実際にはありえないのです。

では、保湿クリームでしょうか?

確かに油分の多いクリームを塗ることで、一時的な保湿はできます。

でも、しばらくすると元のカサカサ肌に逆戻り。

肌のバリア機能を高めることはできません。

実は、最先端の皮膚科学では、最も重要なのは「肌自身の水分を減らさないこと」だと判明しています。

うるおい

そして、肌の水分を最も減らしてしまう行為は、毎日の「クレンジングと泡洗顔」なのです。

大人で敏感肌だと感じる方は、圧倒的に女性が多いです。

不思議ですよね。子供の敏感肌=アトピーは男の子も多いのに。

大人の女性だけがメイクをし、それを落とすためにクレンジングと泡洗顔を毎日しますよね。

(ほとんどの)男性は、メイクをしないのでクレンジングの必要がなく、ダブル洗顔をしません。

女性はダブル洗顔の後、大切な肌の水分を一気に失います。

お肌は、パサパサの砂のように乾いてしまうのです。

その結果、肌のバリア機能は弱り、乾燥肌、そして敏感肌になるのです。

後からどんなに保湿をしても足りません。

私達ゼンライフは、悩める乾燥肌・敏感肌の方の力になりたいと考えました。

肌の水分を逃さないスキンケアの開発に着手。

そして3年半の研究・開発期間を経て、1秒たりとも肌を乾燥させない「オールインワンクレンジング」を完成させました。

ゼンライフイッポン

これまでの

1 メイクをし

2 ダブル洗顔で乾燥するから

3 たくさんの保湿スキンケアが必要になる

という、化粧品会社に都合の良い(メイク・スキンケアが、たくさん売れる)3つのステップではなく

私達ゼンライフが提案するのは

1 メイクをし

2 お顔をオールインワンクレンジングで優しく拭き取るだけで、乾燥させずにお肌を清潔にする

フランス人のクレンジング

という、極めてシンプルな2ステップのスキンケアです。

このオールインワンクレンジングは、化粧水や美容液の成分だけで作られているので、洗い流す必要がないのです。

つまり、化粧水や美容液でメイクや余分な皮脂汚れを落とす、ということです。

ダブル洗顔や泡洗顔とちがい、まったく乾燥しないので、

お肌のうるおいが大幅にアップ。

肌のうるおいがアップ

中身も、容器も箱も全て日本製。

福岡県の高い技術を持つ化粧品製造工場のクリーンルームにて製造されています。

ゼンライフが作られる工場

ご愛用者の方には、乾燥肌・敏感肌で悩まれていた方が多く、今まで何をしてもダメだったのに、お肌がもちもちツヤツヤになったという方がたくさんいらっしゃいます。

元NHK北九州のニュースキャスターの橋本亜紀さん

冬になると目の周りや口の周りがカサカサに乾燥したり、逆に夏になると鼻の周りにテカリが出てメイクが上手く乗らないことがあったのですが、

一年を通して肌が安定してきました。

それにゼンライフのオールインワンクレンジングだと、いつでもすぐにメイクを落とせるので助かっています。

腸セラピストの坂口純子さん 48歳

坂口様

ダブル洗顔をやめて、オールインワンクレンジングにしてから、肌にうるおいが出て、乾燥がまったく気にならなくなりました。

こんなにカンタンに、肌が変わるなんて驚きです。

しかも箱の裏を見ると、たった6種類の成分※しか入ってないんですね。そのシンプルさも安心できる点です。

【※全成分:水、BG、PEG-7(カプリル/カプリル酸)グリセリズ、グリセリン、PEG-40水添ヒマシ油、ポリアミノプロピルピグアニド】

もし、あなたが敏感肌や、乾燥肌で悩んでいるなら、このオールインワンクレンジングが力になります。

もちろん、年齢による肌の水分不足が引き起こす、小じわにお悩みの方にも。

あなたの本当の美しさを引きだすのは、これまでの「化粧品会社の都合で作られた、複雑なスキンケア」ではなく、たった1本のクレンジングなのです。

オールインワンクレンジングの詳細はこちら(送料無料・定期割引も有り。)

ご愛用者の坂口純子さんに、お話を聞きました。

当社のある福岡県北九州市にお住まいの、ゼンライフ イッポンのご愛用者、坂口 純子さんにお話を聞かせていただきました。

坂口純子さん

 

坂口さんは、お腹をマッサージして、腸の調子を整える「腸セラピー」というお仕事をされています。

美肌やダイエットにも効果大とのことです。

坂口様自身が、お肌もとてもきれいで、ウェストもキュッと細く、48歳とは思えない美しさなので、腸セラピーの効果は確かなようです。

坂口様

ゼンライフ イッポンの良いところとして「クレンジングから保湿までが1本でできて、すっごく楽!」とのことです。

来年2月に行われる北九州マラソンに出場するので、日々のランニングをした後、ゼンライフ イッポンでお顔を拭き取り、すぐにシャワーを浴びる事ができるのが良いです!と、話されていました。

また、季節の変わり目に、お肌の乾燥を感じることがあったそうなのですが、ダブル洗顔をやめて、さらにゼンライフ イッポンでの拭き取りに変えられてから、お肌に潤いがでて、乾燥が気にならなくなったのことでした。

坂口様、ありがとうございました。

 

 

 

 

なぜ、大食いタレントはコーラを飲むのか?

11/9放送の「ジョブチューン」というテレビ番組で「料理の量が多すぎる」という名古屋の喫茶店「カフェテラス ダッカ」が紹介されていました。

そこに大食いタレントの三宅智子さんという30代のスリムな女性が来て、ナポリタンスパゲティ22人前、重さにして約7kgという山のような量を食べるというコーナーが有りました。

下の写真は他の大食いタレントさんのインスタですが、これで16人前ですから、さらに4割くらい多いのです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

max_suzuki(@max_suzuki)がシェアした投稿


ハイペースで、食べる三宅さんですが、7割位食べたところで「苦しい」と言い出し、ギブアップかと思いきや、なんとコーラLサイズを追加注文したのです。

コーラを飲んだ後、またナポリタンを食べ始め、完食しました。

僕も、何度か大食い番組を見たことがありますが、この「お腹が苦しくなったら、コーラを頼む」というシーンによく出会います。

 

コーラを飲む大食いタレント

 

なぜ?と不思議に思いますが、実は理にかなっているのです。

それは

「炭酸飲料を飲むと、胃が大きくなり、食欲が増す」

からです。

 

まず、炭酸ガスで胃が膨れて、一時的に大きくなります。

 

それだけでなく、炭酸ガスが胃壁の内側の血管を刺激し、血流を増加させます。

その結果、胃の中の食べ物を腸に押し出そうとする働きが、活発になるのです。

(ただし、消化不十分のまま押し出すので腸に悪いです)

 

また、炭酸飲料を飲むと「グレリン」という食欲を増すホルモンが増えることもわかっています。

糖分もカロリーもゼロの、水と二酸化炭素だけの炭酸水も、食欲を増やします。

 

炭酸水

 

食事前の乾杯のシーンに、居酒屋ではとりあえず生ビール、レストランではシャンパンなどのスパークリングワインを飲むことが多いのですが、これは、その後の食事をたっぷり楽しむための理にかなった行動です。

 

ビールで乾杯

 

ということは、スリムな体型を維持したい、あるいはダイエットしたいという一般の方は、炭酸飲料の摂取を減らした方がいいでしょう。

大食いタレントさんは、なぜか大量に食べるのに細い人が多いのですが、あれは特別な体質だからです。

 

 

 

 

東京都の あきもと様より「今の肌が一番好きです。」

本日のおハガキは、東京都のあきもと様より頂きました。

あきもと様には、2年以上に渡り、ゼンライフイッポンをご愛用頂いています。

あきもと様、いつもありがとうございます。

早速ご紹介させていただきます。

 

あきもと様

 

「長女を妊娠中に、ゼンライフ イッポンを知り、以来2年以上ずっとお世話になっています。

ファンデーションを塗らなくても、顔の赤みが気にならなくなりました。

お手入れもラクで助かっています。

冬場は少し保湿クリームを使いますが、ほとんどこの1本だけです。

今の肌が一番好きです。」

 

顔の赤みが気にならなくなったとのこと、何よりです。

お肌が乾燥気味・敏感肌気味になっていると、赤みが出ることがあります。

赤みが大幅に減っているということは、お肌の保水力が上がり、バリア機能もアップし、外部からの刺激に強くなっている証拠ですね。

また、お手入れも本当にラクですよね。

冬場に少し保湿クリームを使われているとの事、良いと思います。

そして「今の肌が一番好き」だと言って頂き、僕としても作ってよかった!と嬉しく思います。

あきもと様、ありがとうございました。

拭き残しで、ニキビを作らないために

先月、当社スタッフに僕の奥さん、有馬 純子さんが加わりました。

純子さんも、ゼンライフ イッポンの開発当初から、ずっと愛用しています。

ただ、使い始めた時、眉の根元、小鼻の脇、唇の下の顎の部分に、ニキビができました。

 

拭き残しにご注意を

いわゆる、メイクがよれる場所です。

原因は、拭き残しで、メイクを完全に落とせていなかったためです。

3箇所とも、鏡を見ても、見えにくい場所です。

 

特に、拭き取りタイプのクレンジングが初めての方は、慣れていないので、完全にメイクを落とせない場合があります。

メイクを落とすときは、コットン1枚に5~4プッシュし、裏表を使い、全部で3枚、6面をお使いいただき、やさしく丁寧に拭いてください。

上の絵の場所や、髪の生え際に近いおでこは、特に念入りに。

頬から首にかけても三面鏡などを使われて、キレイに拭いてください。

メイクがキレイに落ちるまで、3枚で足りなければ枚数を増やしてください。

 

純子さんにも、たっぷり使って、丁寧に落とすようにすると、すぐにニキビは消えました。

そして、元々乾燥肌だったのですが、今では潤いがアップした事を実感しています。

 

ゼンライフ イッポンは、十分な量をお使いいただけるよう、大容量の300mL にいたしました。

たっぷりと使って、丁寧に拭いていただければ、トラブルもなく、お肌がうるおいます。

唇の乾燥を防ぐには?

10月も終わりに近づき、風が冷たくなってきました。

我が家の長男は毎週土曜日に、河原のグラウンドでラグビーをしています。

その付添で家族で行くのですが、その時、唇が川からの寒風で乾燥するのです。

特にママさん達は乾燥がひどいようで、マスクで予防している方もいます。

これから寒くなると、更に気になる唇の乾燥対策についてご紹介します。

唇の乾燥

 

1.  呼吸は、口ではなく鼻で

鼻呼吸

口呼吸をしていると、唇に常に微風があたります。

特に寝ている間、ポカンと口を開けていると、朝起きたときにカサカサになります。

僕も鼻がつまり気味なのですが、鼻うがいを朝晩するなどして、鼻呼吸ができるように対策をしています。

また、口呼吸では冷たい空気がノドに直接当たるので、特に冬は風邪をひきやすくなるんです。

健康のためにも、鼻呼吸を意識してください。

 

2. リップクリーム・バームは薄くこまめに

冬には欠かせないという方も多いと思いますが、お肌の保湿クリームと同じで、たっぷり塗った後しばらくすると、かえって乾燥することがあります。

これは、外からリップクリーム等で保湿することで、唇自身の保湿する働きがお休みするために起こります。

ですから、一度に厚く塗るよりも、薄くこまめに塗る方が良いのです。

さらに、優しく弱めの力で塗ってください。

 

3.  暖かい服装で、体の冷えを防ぐ

暖かい服装と飲み物

体が冷えると血流が悪くなり、肌に十分な水分が届けられず、唇も乾燥します。

体を冷やさないように、暖かい服装を心がけてください。

乾燥がひどい方は、マスクをするのも有効です。

温かいお茶などの水分を、少しずつこまめに取ることも冷えと乾燥対策になります。

また、適度な運動で血流を良くすることも、肌と唇の乾燥予防になります。

 

最後に、唇が最も乾燥する瞬間は、オイルクレンジングや泡洗顔の後です。

唇を洗う

お悩みの方は、ぜひ「一瞬たりとも乾燥しない」当社のオールインワンクレンジングをおすすめいたします。

「適度な保湿感とさっぱり感で、助かっています。」東京都のヒグチ様より

本日もお客様から嬉しいおハガキが当社に届きました。

東京都のヒグチ様です。

早速ご紹介させていただきます。

 

ゼンライフお客様の声

 

「こんにちは。

ゼンライフイッポンを使い始めて何年になるでしょう。

クレンジングのストレスから開放されただけでなく、適度な保湿感とさっぱり感で一年を通じて助かっています。

特に朝の洗顔はこれ一本で肌の調子がよいのにはおどろきます。

毎日コットンにふくませてふくだけなのに、朝コットンによごれがついたり、気付かされることも多々あり・・・。

真冬の冷たい洗顔が気持ちの良いヒンヤリふきとり洗顔に変わり、まつげエクステのきわのよごれもよく落ちるのも大変たすかっています。

これからも使い続けます!」

 

ヒグチ様、素敵なおハガキをありがとうございます。

ゼンライフ イッポン、本当に楽ですよね。

クレンジングから、保湿までがワンステップでできますので。

また、これからの季節、水が冷たくなるので、常温で拭き取れるというメリットがあります。

逆にお湯で顔を洗うと、乾燥しがちですので。

そして、当社スタッフの女性もまつ毛のエクステをしていますが、オイルフリーなので、きわまでお使いいただけます。

これからも、お使いいただけるとのこと、感謝です!

 

ヒグチ様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

香害に悩まされないために

香る洗剤

数年前から洗濯洗剤のテレビコマーシャルで「香り」を強調するものが増えました。

特に香りを閉じ込めたマイクロカプセルが、洗濯後も服に付着し、何らかの摩擦でそのカプセルが割れ、周りに香りが広がるという物が売れているようです。

洗濯物が真っ白

以前は「洗うと真っ白」というふうに、洗浄力や蛍光増白剤による白さを強調するものが主流でしたが、そこではもう差がつかなくなったのかも?

制汗剤や芳香剤の一部にも使われています。

 

同時に、この香りに悩まされ、気分が悪くなるという方も増えています。

「香害」というドキッとする言葉も、よく聞くようになりました。

自分が使っていなくても、他の方の服や、座った椅子から、もらうことがあります。

困ったことに、「洗濯機で、すすいでも落ちない」わけですから、髪や体を洗っても落ちにくいのです。

 

敏感肌の方は、これらの洗剤を使うのを避けたほうが良いと思います。

強い香料は、肌への刺激になりますし、カプセルタイプならなおさらです。

他の人からもらうことは、なかなか避けられないのが困りものですね。

消費者団体からの反対運動も出ているようですし、流行だとも思うので、いずれ下火になるでしょう。

 

実は、僕もゼンライフ イッポンの開発当初、少量の低刺激な香料を使ったサンプルを複数用意し、試しました。

ですが、実際の商品には香料を使いませんでした。

 

理由としては

1.  香りは好き嫌いがあり、多くの人が好む高いレベルのものを作ることが難しかった。

2. 香料を入れると、防腐剤を多く使用する必要がある。

からです。

 

化粧品って成分数が増えるほど、バランスが崩れやすくなるのです。

ゼンライフ イッポンの成分数は、わずか6つ!

6つの成分で、全てのスキンケアができるって、まちがいなく世界一シンプルで低刺激です。

 

化粧品業界でも、ファッション性の高いブランドは、国を問わず強い香料を使う傾向があります。

特にフランスの会社は香料の使い方が上手です。その分、肌への刺激は強いですが。

 

もし、敏感肌やかゆみでお悩みの方は、香料が強いものを避けることをおすすめします。

そして、ぜひ究極の低刺激ケア、ゼンライフ イッポンをお試しくださいませ。

 

 

「1〜2年でニキビができなくなりました」神奈川県のジャイ子様より

本日は、神奈川県の26歳女性の方、ジャイ子様のおハガキをご紹介させていただきます。

おハガキをいただいた時、素敵なペンネームに思わず笑顔になりました。

それでは、ご紹介させていただきます。

ジャイ子様

 

「毎日、欠かさず使わせて頂いてます。

使い続けてる途中で妊娠をして、ホルモンバランスが乱れ、一時肌荒れが出てしまうことがありました。

そんな時でも、なるべく肌に触らず、ゼンライフ イッポンで顔をふき続けていたら、吹き出物の跡残りほとんどなく、キレイになり、その後もニキビ等できずに過ごせています。

元々混合肌で、口周りやおでこにニキビができやすい体質ですが、使い続けて1〜2年全くできなくなりました。

子供が産まれてからも気軽に使い続けられる1本です。」

 

ジャイ子様、ありがとうございます。

また、お腹に赤ちゃんがいらっしゃるとのこと、おめでとうございます!

妊娠中のホルモンバランスの乱れで、肌荒れをされていたとのことで、大変だったと思います。

ゼンライフ イッポンをお使いいただき、吹き出物の跡が残ることなく、またニキビができずに過ごされているとのこと、お役に立てて嬉しくお思います。

実は僕自身、高校時代に顔の洗いすぎでニキビを悪化させた経験があり、そのことも、このオールインワンクレンジングを作るきっかけになりました。

ニキビができやすい方は、洗顔で肌が乾燥すると、それを補うために、皮脂の分泌が増えてしまいます。

ゼンライフ イッポンなら、肌を乾燥させることなく、清潔にしますので、皮脂の量も安定します。

お子様が生まれられても、気軽にお使いいただけるとのこと、ありがとうございます。

当社の女性スタッフ、香原と私の奥様も、子供3人いまして、多忙を極めていますが、このオールインワンクレンジングの時短効果はとてもいいと言ってます。

ジャイ子様の子育てにもお役に立てればと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-16:00