キレイにやせる3つのコツ その2 炭水化物をしっかり取る。

ご飯

 

キレイにやせるコツの第2回目は、食事について。

かなり長いダイエットの流行として、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を食べなければ、肉や卵をたくさん食べても痩せるという「低炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエットとも言う)」があります。

 

テレビCMでお馴染みのライザップさんもこの食事法を取り入れています。

ですが、このダイエット法は、あまりオススメできません。

 

たしかに、短期間で痩せることはできます。

ただ、その痩せ方が健康的ではないのです。

 

このダイエットで減るのは、脂肪ではなく、筋肉と体の水分です。

 

炭水化物をとると、体内で糖質に変わるのですが、この糖質は体内に水分を蓄える働きをします。

糖質が減るということは、体内の水分も減りますので、体も肌も乾燥し、カサカサになりやすいです。

 

さらに、脳は糖質を栄養にして働いていますが、体内の糖質が不足すると、筋肉を分解し、アミノ酸に変えて、糖質の代わりとするのです。

重い筋肉と水分が減っていくので、すぐに痩せるのですが、それは病的な痩せ方です。

二の腕

 

また、脳の栄養である糖質が不足することで、眠気やイライラに繋がります。

ちなみに、この炭水化物を取らないダイエットはアメリカでも大流行したのですが、現在は不健康なダイエットと考えられており、流行も終わっています。

現在のアメリカでの流行は、ビーガンと呼ばれる、牛乳も卵も食べない、完全菜食です。

 

ビーガン

 

日本でも流行りつつありますね。(これもいずれ終わる流行だと思います。)

 

食事でのダイエットの最高の方法は、今も昔も「栄養のバランスに気をつけ、食べすぎないこと」です。

午後におやつを食べすぎて、お腹があまり空いていないのに、夜ご飯もついつい食べ過ぎるということがないように、気をつけてくださいませ。

そして、月に1~2キロぐらい、無理なく痩せることを目標にするのがベストです。

キレイにやせる 3つのコツ その1 脚を動かさないウォーキング

まだ梅雨入り前というのに、今日の北九州市は真夏並みの暑さ。

もうすっかり、半袖の季節ですね。

この時期、ダイエットが気になる方も多いと思います。

そこで、本日から3回にわたって、キレイにやせるコツをご紹介します。

1回目の今日は「脚を動かさないウォーキング」です。

 

ウォーキングをする女性

 

ウォーキングがダイエットに良いことは皆様御存知だと思いますが、実は、歩き方が悪いと脚が太くなる場合があります。

その悪い歩き方とは「脚に力を入れて動かす」歩き方です。

 

脚に力を入れるのは当然ではないか?とお思いかもしれません。

ですが、上手な歩き方とは、脚に「力を入れて動かす」のではなく、脚が「自然と動いてしまう」のです。

脚だけに力を入れると、太ももやふくらはぎの筋肉が発達し、太くなってしまいます。

 

では、どうやれば自然と脚が動くのか?をご紹介します。

 

1.まず、踵に重心がかかるように立つ。

 

2.おへその下、5cmくらいのところに、人体のバランスの中心、丹田という場所があります。

そこに力をぐっと入れる。

背筋が自然と伸びます。

 

3.歩く際に、ヒジを引くのではなく、背中の肩甲骨を交互に引く。

腕を振ることを意識するのではなく、肩甲骨を交互に引くことで、腕も自然と振れ、さらに連動して骨盤が動き、右の肩甲骨を引けば、右の脚が勝手に前に出るのです。

この歩き方をすると、腹筋と背筋が鍛えられ、腕と脚の筋肉に力を入れずに済むので、ウェスト・腕・脚が引き締まって、細くなります。

 

この歩き方は、マラソンのTV番組の解説者やランニングコーチとして有名な金さんの本「金哲彦のランニング・メソッド」に詳しく載っています。

 

金哲彦のランニングメソッド

 

ランニングの本なのですが、ウォーキング、ストレッチ、正しい姿勢、食事など盛りだくさんの内容ですので、ご興味のある方はぜひご覧くださいませ。

 

僕もランニングとウォーキングをするので、いろいろな本を読みましたが、この本がベストだと思います。

 

GW沖縄離島ツアー 3

沖縄離島ツアーのブログ、最終回です。

 

小浜島からジェット船で30分ほとの旅で戻ってきた石垣島のホテル。

 

 

沖縄の離島は、どこも海が驚くほどキレイです。

 

フサキリゾートホテルのプール

 

こちらのホテルの売りは、子供が遊べるプールがあること。

我が子達も、朝から遊びまくってました。

 

相変わらず日差しが強いので、小まめに日焼け止めを塗ります。

 

ゼンライフ イッポン

 

プールを上がる時には、ゼンライフ イッポンが役に立ちますね。

コットンも忘れずにプールバッグの中へ。

 

ゼンライフ イッポン

 

子供が泳ぎ着かれて寝てしまったので、休憩中です。

 

次の日にはレンタカーで、観光名所の川平湾へ。

 

透明度が抜群で、グラスボートでの熱帯魚鑑賞が有名ですが

 

川平湾

 

あいにくの雨で、ちょっと暗い海に。。。

 

川平湾

 

それでも、限りなく透明です。

 

川平ファーム

 

近くのフルーツジュースで有名な川平ファームさんも、雨のせいか空いていたので、店内で飲めました。

 

そして、この日は沖縄本島への移動日だったのですが、夜8時発の便が、1時間半遅れた上に、いざ離陸しようとすると計器の故障で機内で2時間待たされたあげく、飛ばなくなり、深夜24時頃に航空会社の方に必死に宿を探していただき、眠ったのは午前3時。

これには参りました。

 

そして翌日は朝9時頃の飛行機で、那覇へ。

 

今回の飛行機は、家族全員マイルで行けたのですが、その分とれる飛行機が限られまして、石垣→福岡の便は取れず、那覇経由で帰る必要があったのです。

 

石垣島のホテルの方に「本島へ行ったら、オススメの場所がある」と教えてもらった、「ライカム」という巨大なイオンモールへ。

 

ライカム

 

5階建てで、なんとエレベーター近くには水族館のような巨大な水槽が。

 

 

 

ライカムの水槽

 

ライカムの水槽

 

他にもGWのイベントで、無料で遊べるゲームもたくさんあり、子どもたちも楽しめました。

 

 

 

無事に福岡行きの飛行機は飛びました。

 

8年ぶりの長めの家族旅行、本当に楽しかったのですが、やはり海やプールの水がGWではまだ冷たかったことと、石垣島での深夜の飛行機の故障で、3時間くらいしか眠れなかった時の疲れで、帰宅後に扁桃炎になり、1週間ほどダウンしてしまい「楽あれば苦あり」を体験しました。

 

 

GW 沖縄離島ツアー 2

小浜島最終日、小雨が降っていましたが、子どもたちがチェックアウト前なのに泳ぎたいと言い出したのでホテルの小さなプールへ。

 

水は冷たく、我が家の他には誰も泳いでいませんでしたが、子どもたちは、はしゃぎまくり。

 

 

チェックアウト後、小浜島の港へ。

 

入り口のポスターには

 

 

平均84歳の「天国に一番近いアイドル」がいらっしゃいました。

 

雨の中石垣島へ移動

 

雨の中、船で石垣島へ。

港では、地元のスーパースター具志堅用高さんの銅像がお出迎え。

 

石垣港の具志堅像

 

ホテルに着く頃には、すでに夕方。

 

夕日が大きいです。

 

石垣島の夕日

 

続きはまた次回に。

あっちゃんママ様より「適度なツヤ肌に」

本日ご紹介するおハガキは、三重県のあっちゃんママ様39歳の女性の方よりいただきました。

あっちゃんママ様には、2年以上にわたり、ゼンライフ イッポンをお使いいただいてます。

早速ご紹介します。

 

あっちゃんママ

 

「朝・晩と楽しくゼンライフ イッポンを使わせて頂いています。

最初は、これだけでは不安でバームを併用していましたが、今では本当にこれだけです。

とても嬉しい限りです。

ありがとうございます。

お風呂上がりは、手で押し込むように使っています。

たっぷりね!

適度なツヤ肌で内側から喜んでいるようです☆☆」

 

朝も晩も楽しくお使いいただいているとのこと、嬉しく思います。

また、最初はバームで保湿をされていたのに、今はゼンライフ イッポンだけでよいとのこと、お肌が強く健康になっている証拠ですね。

おっしゃる通り、最初はゼンライフ イッポンだけではお肌の乾燥が気になるというお声もよく聞きますが、使っていくうちに、あっちゃんママ様のように、うるおいが増してきて、保湿ケアが不要になってきます。

 

お風呂上がりにも化粧水代わりにお使いいただいてること、良いですね。

洗髪後、シャワーなどでお顔をお湯で流すと、どうしても乾燥すると思いますので。

 

適度なツヤ肌で、お肌が内側から喜んでいるとのこと、何よりです。

ゼンライフ イッポンをお使いいただくうちに、キメが整い、皮脂の分泌やターンオーバーも適正に行われるので、健康的なツヤが出ます。

 

あっちゃんママ様、おハガキありがとうございました!

 

 

GW初めての沖縄の離島ツアー 1

当社もカレンダー通りの10連休をいただき、家族と共に初めての沖縄離島ツアーに行ってきました。

貯めていたマイルの使用期限が迫っていたので、思い切りました。

 

初日は福岡空港→石垣島→船で朝ドラの「ちゅらさん」の舞台になった小浜島へ。

 

石垣港

 

 

「はいむるぶし」というホテルに泊まったのですが、広大な敷地で動物もウロウロしてました。

ちなみに「はいむるぶし」というのは、小浜島の言葉で南十字星という意味らしいです。

夜は星がたくさん見えました。

 

はいむるぶし

 

 

 

船でさらに遠くの島に遊びに行ったのですが、海の透明度はさすがです。

まだ4月末ということもあって、水が冷たいのがちょっと惜しい。

 

 

日差しが強烈なので、長袖のラッシュガードと日焼け止めが欠かせません。

 

 

ですが、子供たちは大喜び。

浮き輪でひたすらプカプカするのが気持ちいいみたい。

 

 

水牛車で有名な竹富島へも寄り道して、乗牛。

 

 

 

観光中、いろんなシーサーがいました。

 

 

続きはまた次回に。

 

 

味噌汁で、お肌のうるおい大盛り!

春は冬の乾燥と夏の紫外線がミックスされた、お肌にとって過酷な季節です。

そんな時期を乗り切るために欠かせないのが、お肌のうるおい。

水分量が多ければ、乾燥にも紫外線にも抵抗力が付きます。

 

当社のオールインワンクレンジングをお使いいただくことで、お肌の水分量を大幅に増やせますが、本日は食べ物で肌の奥深くからうるおう方法をご紹介します。

その食べ物とは、日本人にとって定番の味噌汁です!

 

味噌汁

 

近年はパンやパスタの人気に押されて、ご飯に合う味噌汁の消費量が減っていますが、味噌には肌を美しくする栄養がたくさん入っています。

 

まずは味噌作りに欠かせない「麹」です。

 

麹

 

麹にはグルコシルセラミドという成分が含まれていて、この成分はお肌の新陳代謝を高め、水分量も増えることがわかっています。

よく「セラミド入り化粧品」というものがありますが、セラミドは皮膚からはほとんど浸透しません。

味噌汁で内側から吸収するほうが効果的です。

長野県の味噌メーカーが今まで味噌汁を飲まなかった人に2週間、毎日味噌汁を2杯飲んでもらうという実験をしたところ、お肌の水分量が1.4倍になったという結果もあります。

 

 

また、女性ホルモンと同じような働きをする腸内細菌「エクオール」は、大豆をエサにして増える性質があります。

女性ホルモンは美しい髪や肌のうるおいを生み、丸みを帯びた女性らしい体を作りますが、年齢とともに減少します。

 

 

長くて美しい髪

 

 

エクオールが増えれば、その減少を補えます。

 

 

高価な美容サプリよりも遥かに効果的な味噌汁。

ぜひ、毎日の食生活に取り入れてくださいませ。

 

 

 

 

 

肌を老化させない、太陽との上手な付き合い方。

紫外線 ゼンライフ

 

冬も終わり、太陽の光を眩しく感じる季節になりました。

暖かくて、外を歩くのが気持ちいい季節ですが、強い紫外線が気になります。

4月の紫外線の強さは、7月とほとんど変わりません。

春の太陽光線が、地球を温め、夏の暑さを作っているのです。

 

また紫外線だけではなく、太陽光線に含まれる「近赤外線」と呼ばれる光もお肌を老化させる原因として注目されています。

この近赤外線はいわゆる日焼け止めでは防げず、紫外線よりも肌への浸透力が高いというやっかいなもの。

肌の筋肉にまでダメージを与え、ハリを失わせます。

 

紫外線 ゼンライフ

 

日焼け止めが役に立たないので、日傘や帽子、長袖の服でとにかく太陽光をカットすることが大切です。

 

もう1つ重要なのは、お肌の水分量を増やすことです。

水たまりが光を反射するように、お肌の水分量が多いと紫外線や近赤外線の肌への浸透を弱めます。

 

紫外線 ゼンライフ

 

ぜひ、お肌の水分量を守るゼンライフ イッポンを上手に活用いただければと思います。

 

 

ところで太陽と老化といえば、この時期に思い出すことがあります。

僕が15歳だった高校の入学式の時、先輩方が部活動を紹介する時間がありました。

運動部はユニフォームを着てアピールするのですが、野球部とラグビー部の先輩たちは、とても高校生に見えないくらい、年上に感じたのです。

大学生か社会人くらいに見えました。

 

運動部の中で、この2つだけが全国大会に出場するほど強く、練習時間も圧倒的に長い事を後で知ったのですが、屋外のスポーツなので、大量に紫外線を浴びていたのだと思います。

 

我が家でも小3の長男が地元の少年チームでラグビーをしており、その観戦などで僕も紫外線を浴びることが増えてきましたので、男ながら気をつけたいと思います。

 

先日も、とあるラグビースクールでの練習を見てきましたが、

 

子供のラグビー練習

 

お母様方は、日傘でしっかりとお肌を守っていました。

 

子供のラグビー練習

 

さすがです。

 

 

電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-16:00