子供の夏、大人の夏。

我が家には3人の子供がいるので、夏休みとなるこの時期は大騒ぎ。

猛暑のため外で遊べないので、家で宿題をするか、テレビを見る時間が多くなっています。

屋外の市民プールに一度行ったのですが、水温が上がりすぎていて、泳ぐのがためらわれるほど。

そこで、ここ何日間は家の駐車場にビニールプールを作り、その上にテントを張って日陰を作っていました。

近所のお友達も来て、子どもたちは満足そうでした。大人はセッティングに大忙しでしたが。

 

家でプール

 

明日から当社もお盆休みを8月15日水曜日までいただきます。

せっかくなので、家族で出かけようと思っているのですが、昼の屋外はキツイかと思い、平尾台という北九州の山でペルセウス座流星群を見るイベントが有り、晴れれば行こうかなと。

お休みの予定にも、猛暑が影響する今年ですが、ぜひ水分と睡眠多めでお過ごしくださいませ。

 

朝晩も日中のメイク直しにも使える、ゼンライフ イッポンを氷の中で撮ってみました。

 

ゼンライフ

 

夏は冷蔵庫で少し冷やしてから使っても良いと思います。

それでは、良い夏休みを!

1 / 912345...最後 »

当社お盆休みのため8月15日水曜日まで電話応対と商品の発送をお休みさせていただきます。

誠に勝手ながら8月11日土曜日から8月15日水曜日まで、電話応対と商品の発送をお休みさせていただきます。

この期間に頂いたご注文商品の発送と、お問い合わせへの返信は16日木曜日に行います。

どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: News
1 / 912345...最後 »

豪雨の後の清掃に行ってきました。

当社のある北九州市も、先日の西日本豪雨で土砂崩れが起きるなど、大きな被害がありました。

幸い、当社は河川や山からは離れた住宅街の中にあるので、会社や倉庫の商品は無事でした。

ですが、我が家の長男くんが通っているラグビースクールのグラウンドが、遠賀川という大きな川の河原にあり、川の水が溢れて冠水してしまったのです。

練習ができなくないで、先週末はグラウンドを部員、親、コーチ総出で清掃してきました。

 

 

中鶴グラウンド

 

ゴールポストにひっかかた流木や

 

 

中鶴グラウンド

 

川砂や石などでデコボコになった地面。

 

 

中鶴グラウンド

 

河原の木の中には

 

中鶴グラウンド

 

根こそぎになって、倒れたものも。

 

中鶴グラウンド

 

この土手は、3階建ての家くらいの高さがあるのですが、あと数十センチで決壊するところまで、水位が上がっていたのです。

僕も生まれて初めて経験する大雨だったのですが、ここまでだとは思ってませんでした。

 

この後、市の力も借りてグラウンドの清掃や消毒を進めると思いますが、まだしばらくはここでの練習は難しいようです。

地震や水害が続いていますので、非常時に備えつつ、これ以上大きな天災が起きないように祈るばかりです。

 

 

 

 

1 / 912345...最後 »

豪雨の影響で、中国地方の一部で商品のお届けができない地域がございます。

大変申し訳ございませんが、西日本豪雨の影響のため、岡山県・広島県・山口県の一部に、商品のお届けができない地域がございます。詳細はこちらのクロネコヤマトさんの豪雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延についてのページをご覧くださいませ。

影響の大きな地域にお住まいの方へは、心よりお見舞い申し上げます。

当社のある北九州市も土砂崩れなどの豪雨被害が出ましたが、倉庫の商品は無事でした。

ご心配のメールを多数頂いており、ありがとうございます。

カテゴリー: News
1 / 912345...最後 »

スタッフ近況 – 佐賀へトライアスロンに行ってきました。

最近、美容と当社の商品に関することをブログで書いていましたので、たまには僕(代表 有馬)の日々の出来事を書いてみようかなと思います。

実は昨年からトライアスロンへの参加をはじめまして、一昨日の6/17に佐賀県唐津市で開催された「虹の松原トライアスロン」に行ってきました。

 

虹の松原トライアスロン

 

人生2回目の大会です。友達の影響で去年から始めました。

虹の松原トライアスロン

虹の松原という名の通り、会場周辺は松林が8kmほど続いています。この道路を自転車で走るので日焼けしずらく快適でした。

ちなみに国内のトライアスロンの大会では、前日に説明会があり必ず参加となっているので泊りがけで行きました。

 

虹の松原トライアスロン

 

宿の周りも松ばかり。松林の中にジャングルジムやブランコがあるのが、驚きでした。

 

 

虹の松原トライアスロン

 

説明会は、宿近くの小学校体育館で開催され、佐賀大学でトライアスロン部に所属しているという女性の選手宣誓も。こんがり日焼けされてます。

 

 

 

唐津トライアスロン

招待選手として、85歳!のトライアスリートの稲田さん(写真右)と、全盲でパラリンピックの元金メダリストの柳川さん(写真左)が来られていました。かなりキツイ競技なので、お二方へは尊敬しかありません。

 

柳川さんは、水泳やランニングは補助の人が一緒につくことが予想できましたが、自転車競技はどうするのだろう?と思っていたら、二人乗りの自転車が用意されていて、ブレーキやハンドルを補助の方が操り、柳川さんがペダルを漕ぐという形で参加されていました。

 

肝心の大会の写真は・・・すみません、僕一人で来ていたので撮ることができませんでした。

当初、一緒に来る予定で宿を予約していたのですが、子どもたちの学校行事と、息子のラグビーの試合と重なり、家族を残してきてしまったので、奥様に申し訳なかったです。

結果ですが、去年泳げなかった1.5kmの水泳はかなり練習したのでクリアできたのですが、40kmの自転車の制限時間(1時間30分以内)に間に合わず、残念ながらゴールはできませんでした。

足りなかった部分を練習し、今度は家族で、奥様が好きな沖縄の大会にいければなと考えています。

 

 

1 / 912345...最後 »

化粧品は防腐剤を入れた方が肌に優しい。

3年半に渡る、当社のオンリーワンクレンジングの開発の間、化粧品について様々な勉強をしました。

 

 

ゼンライフが作られる工場

 

 

 

重要なところは皮膚科医や研究者の意見を取り入れるのですが、その中で研究者に言われた言葉で衝撃的だったのが

「防腐剤を入れたほうが、低刺激な化粧品ができる。」

というもの。

 

ちなみに防腐剤というのは、厚生労働省が定めた「防腐剤として入れて良い成分と量」の一覧に載っているものです。

 

パラベンやフェノキシエタノールが有名です。

 

いわゆる防腐剤不使用の化粧品というものは、この一覧に載っている成分を使っていないものを指します。

そのかわりに、他の成分で防腐をするのですが、精油や殺菌剤など肌の刺激になる成分が多いのです。

 

当社のゼンライフ イッポンは「ポリアミノプロピルビグアナイド」という、目薬や、目の手術のときの洗浄液にも使われる低刺激な防腐剤を使用しています。

有名なフェノキシエタノールなどよりも更に低刺激なので、敏感肌の方にはぜひお試しいただきたいと思います。

 

また、化粧品に使われている成分数が多いほど、成分が不安定になるので腐りやすくなり、防腐剤を多くことになります。

当社のオンリーワンクレンジングは、水を含めてわずか6つの成分しか使っていません。

だから、防腐剤の量も少なくて済むのです。

下の写真は、パッケージの裏に書かれてある成分表です。

 

成分表

 

ちなみ「PEG-40水添ヒマシ油」というものがありますが、これはヒマシ油に水素を加えたもので、油の性質はなくなっています。

オイルフリーなのでマツエクをされている方にも安心して使っていただけます。

 

 

 

1 / 912345...最後 »

日焼け止めで肌を乾燥させないために。

まだ5月なのに夏の日差しを感じる日が多くなりました。

朝のメイクの時、なんらかの日焼け止めを使う方もいらっしゃると思います。

 

お客様からの質問で、日焼け止めを使うと肌が乾燥するので困るというメールを頂いたことがあります。

その原因は、日焼け止めに使われる成分の質と量に関係があるのです。

 

最近販売されている日焼け止めのほとんどは、紫外線を防ぐ強さが非常に高く、「SPF50+  PA++++」のように数値を強調していて、さらに白浮きしないことを売りにしています。

 

紫外線を防ぐ成分には2種類あります。

 

1.  紫外線撹乱(かくらん)剤

酸化亜鉛、酸化チタンなどの金属の粉を塗ることで紫外線を反射します。

肌には負担が少ないのですが、金属は粒が大きいため、白浮きしやすいという欠点があります。

また、成分に硬さがあるためドロッした使用感に。

 

2. 紫外線吸収剤

肌の上で紫外線を吸収して化学反応を起こし、主に熱など別のエネ不ギーに変えて拡散することで、紫外線をブロックします。

メトキシケイヒ酸オクチル(あるいはメトキシケイヒ酸エチルヘキシル)、ジメチルPABAオクチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなどの成分が使われています。

これらの成分は溶かして日焼け止めに入れるため、白浮きがしにくく、ジェルやローション、スプレーなど様々な商品を作ることができます。

使用感が水に近いものを好む方が多いので、現在はこの紫外線吸収剤が日焼け止めの成分の主流となっています。

ということは、肌の上で化学反応を起こし、熱を持ったり、乾燥や赤みの原因になる事が多いんです。

特に「SPF50+ PA++++」のような商品は、紫外線吸収剤が大量に配合されているので、肌の乾燥とダメージが深刻です。

 

真夏の海ではなく、日常に使うものであれば「SPF30 PA++」くらいのもので充分です。

それ以外の紫外線対策、日傘、帽子、サングラスなどを身に着けたほうが、肌に負担なく日焼けを防げます。

 

ちなみに、我が家のラグビーをする長男くんが、夏に使う日焼け止めは

 

 

日焼け止め

 

これくらいの数値です。成分を見ると紫外線吸収剤が主ですが、数値が低いと成分濃度も低いので肌へのダメージは抑えられます。

子供用ですが、僕や奥さんも使うことがあります。

 

肌に優しい日焼け止め、当社も研究していますので「これだっ!」というのができれば発売したいと思います。

 

 

 

 

 

1 / 912345...最後 »

麻生大臣が考える「女性が好む男性」

麻生大臣

 

なにかと発言がニュースになりがちな麻生太郎大臣ですが、以前話されたあることが記憶に残ってました。

それは、タイトル通りの女性が好む男性というものですが、日本と海外では求めるものが全く違うという話でした。

 

麻生さんはイギリスに留学したり、西アフリカで働いたり、カナダのオリンピックで射撃の選手として出たり、公務で各国をまわったりと、相当な海外滞在経験をお持ちです。

 

麻生さんは「日本の女性は、男性は優しい人が良いという。ところが、外国の女性は男性に一番何を求めるか?圧倒的に多くの人が勇気って言うんだよ。」とのこと。

 

確かに、好みのタイプで「勇気がある男性」という日本の女性にはまだ出会ったことがないです。

 

というか、好みのタイプを聞くということは独身時代の会話でして、もう何年もしていないので、今の女性はどうなんでしょうか?

 

 

 

ところで先日、ラグビーを長男がしていることもあり、ラグビー日本代表の山田章仁さんという北九州市出身の方のトークショーとラグビー体験会に行ってきました。

 

 

山田章仁

 

あいにくの雨でしたので、博物館の中の会議室を借りて行われたのですが、始まる前に偶然ウチの奥様と次女が移動中の山田さんに会いまして写真をお願いしたら、即OKをいただいたとのこと。

気さくな方です。

 

 

 

山田章仁

 

 

地元の実業団の選手も加わり、子どもたちにラグビーをゲーム感覚で教えていました。

 

 

 

山田章仁

 

 

最後のイベントのくじ引きで、山田選手のサイン入りスパイクがもらえたお子さんも。

 

 

この山田章仁選手、最近テレビに出る事が多いそうなんですが、そのきっかけの一つがアメリカ人モデルの山田ローラさんと結婚されたからとのこと。

 

僕は見たことなかったのですが、ご夫婦でバラエティ番組を中心に「美人すぎるアスリートの妻」として出ているそうなんです。

 

司会の方が「ローラさんとはどこで出会ったのですか?」と聞いた所、山田さんは

 

「レストランで一目惚れして。ラグビーで培った突進力と、勉強してきた英語で一生懸命話しかけたんです」とのこと。

 

ラグビーって激しいスポーツですから、日本代表にまで選ばれるとなると、相当な勇気が必要です。

 

そこにローラさんも惚れたのではないかと思いました。

 

(麻生大臣の写真は御本人サイトから引用)

 

1 / 912345...最後 »

江戸の美は「モノより手間」

髪型、メイク、ファッションなど「美しさの基準」は時代と共に変わっていくものです。

 

そこで、いわゆる文明開化の前、純和風の最後の時代、江戸の美の基準はどうだったかと言いますと、今と考え方が大きく違います。

工場も宅配便もない時代ですから、モノが圧倒的に少ない。

その代わりに今よりも暇だったので、手間をかけることが重要だと考えられていました。

服もアクセサリーも少ないから、髪型やメイク、着付けにエネルギーを注ぐのです。

 

 

江戸時代の髪結師

 

例えば、女性の髪型。

長い髪をびんつけ油で固めて、結っていくわけですが、1人ではできず、結髪師というセット専門の美容師さんもたくさんいました。

結うのが大変すぎるので、女性の洗髪は月1から2回ほど。

 

江戸時代の女性の洗髪

 

髪をかくための櫛が有り、寝る時も高い枕を使い髪が畳に付かないようにするので、寝返りも打てません。

 

男性も、いわゆる「ちょんまげ」は、前頭部を剃る必要があるため、ひげ剃りと合わせると、毎朝大変です。

 

着物も着付けに時間がかかるわけですから、身支度に相当な手間と時間をかけていました。

 

おしろいも、粉を水で溶いてから刷毛(ハケ)で塗り、終わればその刷毛を洗うという手順が必要です。

 

夜のスキンケアは糠袋と言われる、ヌカを詰めた木綿の袋で、なでるように洗うだけの人が、ほとんどだったそうで、その点は時間がかからず、当社のオンリーワンクレンジングの方法に近いと思います。

 

今はどちらかと言うと、着るのがカンタンな洋服とアクセサリーをたくさん持ち、メイクも短い時間で!が人気ですよね。

 

僕も独身時代は買い物が好きで、服や靴などをたくさん買っていたのですが、子育て中の現在は、江戸時代までとはいきませんが、グルーミングに時間をかけるようになりました。

買い物に行く時間が無いというのも大きな原因ですが。

 

腕時計よりも爪切り、服よりも髪型、香水よりも歯みがきに、以前よりも力を入れています。

 

人の見た目の記憶って服やアクセサリーよりも、そのような手間の部分の方が残っているのでは?と感じるのです。

 

 

写真引用元

上/葉うた虎之巻 / 豊原国周 / 文久(1861~64)頃

下/江戸名所百人美女 今川はし / 三代 歌川豊国、コマ絵 歌川国久 安政5年(1858)

 

 

 

1 / 912345...最後 »
電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-17:00