汗をかくと、刺激を感じる時は。

当社のある福岡県も昨日、長かった梅雨が明けました。そして、一気に真夏の暑さになっています。

ちょっと外に出るだけで、汗をかいてしまいますが、この汗が原因で、かゆみやピリピリとした刺激を感じる方もいらっしゃると思います。

汗をかくと、かゆくなる

いくつか原因はありますが、もっとも大きいのは、肌の乾燥です。

エアコンなどで、夏でも室内は乾燥していて、肌の水分は失われがち。

水分は、外部の刺激(紫外線やホコリ、汗)が神経に届くのを防ぐバリアのような働きをしています。

水分が肌のバリアとなる

そのバリアが薄くなると、汗や乾いた後の塩分が神経にさわり、かゆみや痛みとなってしまいます。

乾燥した肌は刺激を受けやすい

対策としては、まず刺激に原因、汗をかいたらすぐに拭くこと。また、帰宅時にはできるだけ、ゼンライフ イッポンですぐにメイクを落とし、シャワーで汗を流すこと。

さらに、乾燥対策として、お茶やお水などの水分を十分にとることがおすすめです。

また、ゼンライフ イッポン だけでは物足りないというときは、お手持ちの保湿クリームを、少量お使いくださいませ。体にクリームを塗るときは、大量に一気に塗るよりも、少量に分けて、1日に数回使う方がいいです。

さらに、日焼けをすると肌の乾燥がひどくなりますので、紫外線対策も欠かせませんね。

日傘をさす女性
電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-16:00