日焼け止めで肌を乾燥させないために。

まだ5月なのに夏の日差しを感じる日が多くなりました。

朝のメイクの時、なんらかの日焼け止めを使う方もいらっしゃると思います。

 

お客様からの質問で、日焼け止めを使うと肌が乾燥するので困るというメールを頂いたことがあります。

その原因は、日焼け止めに使われる成分の質と量に関係があるのです。

 

最近販売されている日焼け止めのほとんどは、紫外線を防ぐ強さが非常に高く、「SPF50+  PA++++」のように数値を強調していて、さらに白浮きしないことを売りにしています。

 

紫外線を防ぐ成分には2種類あります。

 

1.  紫外線撹乱(かくらん)剤

酸化亜鉛、酸化チタンなどの金属の粉を塗ることで紫外線を反射します。

肌には負担が少ないのですが、金属は粒が大きいため、白浮きしやすいという欠点があります。

また、成分に硬さがあるためドロッした使用感に。

 

2. 紫外線吸収剤

肌の上で紫外線を吸収して化学反応を起こし、主に熱など別のエネ不ギーに変えて拡散することで、紫外線をブロックします。

メトキシケイヒ酸オクチル(あるいはメトキシケイヒ酸エチルヘキシル)、ジメチルPABAオクチル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなどの成分が使われています。

これらの成分は溶かして日焼け止めに入れるため、白浮きがしにくく、ジェルやローション、スプレーなど様々な商品を作ることができます。

使用感が水に近いものを好む方が多いので、現在はこの紫外線吸収剤が日焼け止めの成分の主流となっています。

ということは、肌の上で化学反応を起こし、熱を持ったり、乾燥や赤みの原因になる事が多いんです。

特に「SPF50+ PA++++」のような商品は、紫外線吸収剤が大量に配合されているので、肌の乾燥とダメージが深刻です。

 

真夏の海ではなく、日常に使うものであれば「SPF30 PA++」くらいのもので充分です。

それ以外の紫外線対策、日傘、帽子、サングラスなどを身に着けたほうが、肌に負担なく日焼けを防げます。

 

ちなみに、我が家のラグビーをする長男くんが、夏に使う日焼け止めは

 

 

日焼け止め

 

これくらいの数値です。成分を見ると紫外線吸収剤が主ですが、数値が低いと成分濃度も低いので肌へのダメージは抑えられます。

子供用ですが、僕や奥さんも使うことがあります。

 

肌に優しい日焼け止め、当社も研究していますので「これだっ!」というのができれば発売したいと思います。

 

 

 

 

 

1 / 812345...最後 »

麻生大臣が考える「女性が好む男性」

麻生大臣

 

なにかと発言がニュースになりがちな麻生太郎大臣ですが、以前話されたあることが記憶に残ってました。

それは、タイトル通りの女性が好む男性というものですが、日本と海外では求めるものが全く違うという話でした。

 

麻生さんはイギリスに留学したり、西アフリカで働いたり、カナダのオリンピックで射撃の選手として出たり、公務で各国をまわったりと、相当な海外滞在経験をお持ちです。

 

麻生さんは「日本の女性は、男性は優しい人が良いという。ところが、外国の女性は男性に一番何を求めるか?圧倒的に多くの人が勇気って言うんだよ。」とのこと。

 

確かに、好みのタイプで「勇気がある男性」という日本の女性にはまだ出会ったことがないです。

 

というか、好みのタイプを聞くということは独身時代の会話でして、もう何年もしていないので、今の女性はどうなんでしょうか?

 

 

 

ところで先日、ラグビーを長男がしていることもあり、ラグビー日本代表の山田章仁さんという北九州市出身の方のトークショーとラグビー体験会に行ってきました。

 

 

山田章仁

 

あいにくの雨でしたので、博物館の中の会議室を借りて行われたのですが、始まる前に偶然ウチの奥様と次女が移動中の山田さんに会いまして写真をお願いしたら、即OKをいただいたとのこと。

気さくな方です。

 

 

 

山田章仁

 

 

地元の実業団の選手も加わり、子どもたちにラグビーをゲーム感覚で教えていました。

 

 

 

山田章仁

 

 

最後のイベントのくじ引きで、山田選手のサイン入りスパイクがもらえたお子さんも。

 

 

この山田章仁選手、最近テレビに出る事が多いそうなんですが、そのきっかけの一つがアメリカ人モデルの山田ローラさんと結婚されたからとのこと。

 

僕は見たことなかったのですが、ご夫婦でバラエティ番組を中心に「美人すぎるアスリートの妻」として出ているそうなんです。

 

司会の方が「ローラさんとはどこで出会ったのですか?」と聞いた所、山田さんは

 

「レストランで一目惚れして。ラグビーで培った突進力と、勉強してきた英語で一生懸命話しかけたんです」とのこと。

 

ラグビーって激しいスポーツですから、日本代表にまで選ばれるとなると、相当な勇気が必要です。

 

そこにローラさんも惚れたのではないかと思いました。

 

(麻生大臣の写真は御本人サイトから引用)

 

1 / 812345...最後 »

江戸の美は「モノより手間」

髪型、メイク、ファッションなど「美しさの基準」は時代と共に変わっていくものです。

 

そこで、いわゆる文明開化の前、純和風の最後の時代、江戸の美の基準はどうだったかと言いますと、今と考え方が大きく違います。

工場も宅配便もない時代ですから、モノが圧倒的に少ない。

その代わりに今よりも暇だったので、手間をかけることが重要だと考えられていました。

服もアクセサリーも少ないから、髪型やメイク、着付けにエネルギーを注ぐのです。

 

 

江戸時代の髪結師

 

例えば、女性の髪型。

長い髪をびんつけ油で固めて、結っていくわけですが、1人ではできず、結髪師というセット専門の美容師さんもたくさんいました。

結うのが大変すぎるので、女性の洗髪は月1から2回ほど。

 

江戸時代の女性の洗髪

 

髪をかくための櫛が有り、寝る時も高い枕を使い髪が畳に付かないようにするので、寝返りも打てません。

 

男性も、いわゆる「ちょんまげ」は、前頭部を剃る必要があるため、ひげ剃りと合わせると、毎朝大変です。

 

着物も着付けに時間がかかるわけですから、身支度に相当な手間と時間をかけていました。

 

おしろいも、粉を水で溶いてから刷毛(ハケ)で塗り、終わればその刷毛を洗うという手順が必要です。

 

夜のスキンケアは糠袋と言われる、ヌカを詰めた木綿の袋で、なでるように洗うだけの人が、ほとんどだったそうで、その点は時間がかからず、当社のオンリーワンクレンジングの方法に近いと思います。

 

今はどちらかと言うと、着るのがカンタンな洋服とアクセサリーをたくさん持ち、メイクも短い時間で!が人気ですよね。

 

僕も独身時代は買い物が好きで、服や靴などをたくさん買っていたのですが、子育て中の現在は、江戸時代までとはいきませんが、グルーミングに時間をかけるようになりました。

買い物に行く時間が無いというのも大きな原因ですが。

 

腕時計よりも爪切り、服よりも髪型、香水よりも歯みがきに、以前よりも力を入れています。

 

人の見た目の記憶って服やアクセサリーよりも、そのような手間の部分の方が残っているのでは?と感じるのです。

 

 

写真引用元

上/葉うた虎之巻 / 豊原国周 / 文久(1861~64)頃

下/江戸名所百人美女 今川はし / 三代 歌川豊国、コマ絵 歌川国久 安政5年(1858)

 

 

 

1 / 812345...最後 »

熊本県のO様より「肌が丈夫になる」

最近、ゼンライフ イッポンをご愛用のお客様のお声を相次いでいただいております。

ありがとうございます。

本日は、メールで熊本県のO様、女性の方よりいただきました。

 2月ごとに2本お届けの定期便をご注文いただいております。

 早速ご紹介いたします。

 

「使用して約1年数ヶ月となります。

 メイクが楽になったことから毛穴の改善は明らかですし、空調ガンガンの職場で、口をイーの字にした時に起こっていた乾燥による口周り、特に顎の赤味がほぼなくなりました。

 肌が丈夫になる、強くなるのを感じるコスメです。

 ①新しい一本はお風呂上がりの清潔な手で使う用、

 ②もう一本は帰宅後のクレンジングや、手やひじ、ひざの乾燥が気になる時にいつでも使える用に

しています。

 ②が底を尽きると、①を②に移行し、あたらしい①開封。

定期便にするようになってからこのように使用していて、この前の冬はボディクリーム等なしで、手足のカサカサなしで乗り切りました。

 暖かい季節はタイツよりもストッキングになりますが、着用前にかかとに一塗りすることで

カサカサも緩和すると思います。」

 

O様、ありがとうございます。 

 

肌が強くなるとのこと、まさにそれを目指してゼンライフ イッポンを開発しましたので、非常に嬉しく思います。

洗いすぎ、保湿し過ぎで、肌の新陳代謝はどんどん弱くなるのですが、拭き取りクレンジングだけのケアにすることで、肌自らが潤う力が強くなり、乾燥肌も改善します。

 

また、定期便の2本をお風呂上がり用と、帰宅時など用に使い分けいただいているとのこと、私共としても大変勉強になります。

ストッキングを履く前にカカトに塗るアイディアも素晴らしいですね。化学繊維と靴との摩擦の影響で、乾燥しやすい部分ですので。

 

O様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

1 / 812345...最後 »

「お肌の調子も良く、楽です」三重県のあっちゃんママ様よりいただきました。

本日は三重県のあっちゃんママ様、38歳の女性の方よりいただいたおハガキをご紹介させていただきます。

 

 

あっちゃんママ様よりゼンライフ イッポンのご感想

 

 

「こんにちは。

有馬さんとは酵素の時からのお付き合いになります。

ゼンライフイッポン使い始めてどれくらいかな?

お肌の調子は以前より良いと思います。

大変気に入っています。

そしてとても楽です。

目にはしみないし、アイメイクも一緒に落とせる。

化粧品もたくさん必要ないのだと実感させてくれ、シンプルが1番ですね。

気持ちがいいです。

しかし、お風呂に入って私はお湯で顔を洗いたいので洗ってしまいます。

なのでお風呂から出る時、出てからゼンライフイッポンを化粧水のようにスプレーボトルに入れ替えて、シュ!シュ!とします。

うるおいます、これでも良いんでしょうか?」

 

あっちゃんママ様、いつも感想をいただき、ありがとうございます。

私・有馬は以前は酵素飲料・食品などを販売していた時期があり、その頃からのお付き合い、重ねてお礼申し上げます。

 

お肌の調子が良いとのこと、嬉しく思います。

1本でファンデーションからアイメイクまで落とせる楽さは、当社のオンリーワンクレンジングの最大の特徴です。

 

また、お風呂から上がった後に化粧水代わりにスプレーされるとのことですが、問題なくお使いいただけます。

当社のオンリーワンクレンジングは全て化粧水や美容液に使われる成分でできておりますので。

多くスプレーして垂れるようでしたら、軽くふき取って頂くと良いと思います。

 

ささいなことでも疑問などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

 

 

 

1 / 812345...最後 »

福岡県のnao様より「便利過ぎて重宝しています」

本日も当社のオンリーワンクレンジング「ゼンライフ イッポン」のお客様より頂いたおハガキをご紹介します。

福岡県のnao様、52歳の女性の方よりいただきました。

 

 

ゼンライフお客様の声

 

 

 

「便利すぎて重宝しています。

 

バス旅行に行った時でも、バスの中でメイク落としたり、乾燥したなと思ったら、コットンでふいたりしました。

 

花粉がひどいときや、乾燥したりした時は、2回目のふきとりのときに、多めにひたして、そのままコットンパックにしたりしています。

 

結構モチモチ肌になったと思います(笑)」

 

 

nao様、ありがとうございます。

 

便利過ぎて重宝していただいてること、とても嬉しく思います。

 

バスの中はエアコンなどで空気が乾燥しているので、メイクのお直しと保湿の両方ができるイッポンは最適ですね。

 

また、多めにひたしてコットンパックにされているというアイディア、大変勉強になりました。

 

モチモチ肌になったとのこと、メーカーとして「作ってよかった!」と感じています。

 

nao様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

1 / 812345...最後 »

家事の時短、意外な裏ワザ。

掃除、洗濯、炊事と、時間のかかる毎日の家事。

様々な家電製品のおかげで昔に比べると楽になっているはずなのですが、なぜか忙しいまま。

 

そこで、今日からスグにできる「家事の時短」の裏ワザをご紹介したいと思います。

 

とてもシンプルなのですが、

 

「家事の頻度を減らす、そして完璧を求めない」

 

です。

 

家電製品は確かに手間を省き、場合によっては人よりも上手く家事をこなします。

 

ところがその分、以前は「ほうきとチリトリ」で簡単に済ませていた家の掃除を、「カーペットの中の1/100ミリメートルのハウスダストも吸い取る」強力な掃除機で、かなり時間をかけて行っているのではないでしょうか?

 

もしかすると、ほうきの頃よりも長い時間がかかっているかもしれません。

 

天井も掃除

 

しかも上の写真のようにコードレス掃除機で有名なダイソンは「天井まで掃除しよう」とCMで言っていますが、かえって疲れるのでは?と思うのです。

 

炊事でも、電子レンジや炊飯器で楽に作れるようになった分、食卓に並ぶ品数と洗うお皿の数は多くなっています。

 

また有名な話ですが、アメリカでは100年ほど前まで、ほどんどの家庭で1日2食だったのですが、発明王エジソンが自社のトースターを売るために「1日3食にして1食はトーストを食べよう」と宣伝したため、現在は3食となっているのです。

 

 

というわけで、せっかく便利な家電を手に入れているワケですから、頻度を今までよりも少し減らしたり、完璧ではなく7~8割位を目標にするとよいのでは?

 

特に掃除は、してもしてもホコリが出てくるので、じっくり完璧よりも、サッと8割ですね。

 

 

1 / 812345...最後 »

「すっぴんでも化粧をしている時みたいな、なめらかさ」福島県の、おの様より頂きました。

当社のオンリーワンクレンジング「ゼンライフ イッポン」をお使いの福島県の44歳女性、おのひろこ様よりおハガキをいただきました。

おの様、いつも本当にありがとうございます。

早速ご紹介させていただきます。

 

おのひろこ様よりゼンライフ イッポンの感想です

 

 

「いつも感想をお伝えしたいと思いつつ、このような機会をありがとうございます。

使い始めて1年半以上過ぎましたが、昨年の夏、とても暑い日があり、顔を冷やすために久しぶりに水で顔を洗いました。

その時自分の肌が、以前と変わっていたことに、とても驚きました。

化粧をしている時みたいな、なめらかさを感じました。

キメが細かくなったんだと思います。

最近は、毛穴も目立たなくなり、Tゾーンの油性もなくなりました。

中学の頃からテカっていたので、本当にすごいなと思います。

昨年の秋、次女が文化祭のメイクで肌荒れしてしまい、試しにイッポンを使ったら、次の日には柔らかさが戻り、3日目にはいつもの肌に。

長女は先月、新しく買った化粧水が合わず、やはり肌荒れしましたが、今は3人でイッポンを愛用させていただいてます。

肌のお手入れに、何の不安もストレスもないこと、感謝です。」

 

おの様、家族でご愛用頂きありがとうございます。

肌のなめらかさやキメの細かさ、また毛穴やテカリの改善など、当社のゼンライフ イッポンがお役に立てていること嬉しく思います。

 

クレンジングだけのスキンケアであれば、洗顔のダメージや保湿ケアによる摩擦や過剰な油分がないため、肌本来の美しさを引き出すことができます。

 

また、お2人のお嬢様のお肌のトラブルも解消されたとのこと、本当に良かったです。

おの様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

1 / 812345...最後 »

人の「体毛」が減ったワケ

先日、家族で北九州市小倉北区にある「到津の森公園」という、結構大きな動物園に行ってきました。

 

入り口にはコンクリートでできた斜面を駆け回るニホンザルや

到津の森

 

 

スリランカ原産のセイロンゾウ。2頭居るのですが、ケンカしていて交代で出てくるそう。

 

到津の森

 

 

ニュージーランドから来た孔雀の羽根のような頭のオウギバト。

到津の森

 

 

そして、チェーンソーで木を削り彫刻を作るアーティストの方も広場にいて、盛りだくさんの内容でした。

到津の森

 

ところで、今日のテーマの「人の体毛が減ったワケ」について。

 

ニホンザルは全身を体毛で覆われています。

一方、セイロンゾウには体毛が少ししかありません。

そして人間も髪など一部のみです。

 

その理由として人類学者の間では「食べるための行動の変化」が原因だと考えられています。

 

人間は太古の昔、猿に近い食生活をしていたため、山などで木の実や果実を食べていました。

 

ところが、狩猟生活で肉の美味しさを知ってからは、太陽の照りつける草原で長い距離を歩き回るようになります。

 

その結果、暑いので体毛は徐々に減っていったのです。

 

哺乳類でも、気温の低い山の中で生活するニホンザルやイノシシ、クマは毛深く、平地のスリランカのセイロンゾウやアフリカのカバは体毛がほとんどありません。

 

ということは、現代の人間の体は「たくさん動く」事を前提に作られていることになります。

 

まだまだ寒い日もある3月ですが、狩猟生活に思いを馳せて、散歩しながら街を観察するのもいいですね。

 

 

 

 

1 / 812345...最後 »
電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-17:00