ゼンライフ誕生までの物語

初めまして、ゼンライフの代表、有馬丈博と申します。

 

ゼンライフ代表 有馬 丈博

 

僕は、大学で政治を学んだ後、祖母の代から続く化粧品を薬局や美容室に販売する会社に入社しました。

研究のために、男ながらも一生懸命に自分でメイクをしたり、クレンジングや保湿クリームなど、たくさんのスキンケアを試してきました。

また国内はもちろん、海外の薬局や化粧品店の視察、美容についての書籍なども数多く読む中で、1つ大きな疑問があったのです。

 

「なぜ日本の女性のスキンケアは、こんなにも複雑なのか?」

 

たくさんの化粧品

 

多くの化粧品メーカーは「クレンジング・洗顔料・化粧水・美容液・乳液・クリーム」をすすめます。

それに加え、目元専用クリームや、髪の美容液など、どんどん増えているのが現状です。

 

日本の女性の、貴重な時間とお金の多くが、毎日のスキンケアに奪われているのではないか?

でも、肌トラブルで悩む女性は増えるばかり。

 

肌トラブルで悩む女性

 

もっと良いスキンケアがあるのではないか?

 

私は独立し、皮膚科医の協力を受け、理想のスキンケアをゼロから考えました。

友人の皮膚科医の話では、洗いすぎ・保湿しすぎで肌を痛めている女性の患者さんがたくさんいるとのこと。

 

洗顔

 

洗顔のしすぎで肌は荒れて乾燥し、それを補うために外からの保湿をしすぎるから、肌本来の潤う力が失われる。

 

実は、現代の日本のように過剰なスキンケアをすることは世界では当たり前ではないのです。

 

例えばフランスでは、20年以上前からクレンジングと泡洗顔のダブル洗顔を行う人は減少し、朝も夜もクレンジングウォーターをコットンに含ませ、拭くだけでクレンジングと洗顔を終えるスキンケアが増えています。

 

フランス人のクレンジング

 

フランスの皮膚科医は、敏感肌や乾燥肌の人には特に泡洗顔ではなく、クレンジングウォーターをすすめる事が多いのです。

また、女性と違いほとんどの男性はスキンケアによる保湿をしません。

それはなぜなのか?

女性と男性の決定的な違いは、メイクをするかどうか。

 

メイクをする女性

 

きれい好きな日本女性は、そのメイクをしっかり落とすためにダブル洗顔をし、乾燥するのでたくさん保湿をするという悪循環になっているのです。

であれば、クレンジングウォーターで夜のメイク汚れや朝の皮脂汚れだけを取り除き、さらに必要十分な保湿ができれば、シンプルでやさしいスキンケアができる。

この発想を元に、3年半の研究とテストから生まれたのが、画期的な当社のオンリーワンクレンジング、「ゼンライフ イッポン」です。

 

ゼンライフイッポン

 

洗いすぎ・与えすぎで肌を疲れさせる今までのスキンケアではなく、肌を清潔にし、必要十分なうるおいを与えるだけ。

肌を荒らさず、甘やかさず、あなた本来の肌の力が目覚めます。

 

疲れた体が、断食と休息で回復するように、あなたの肌も美容断食と摩擦を最小限にすることで生まれ変わります。

 

しかも、お肌の断食は本当に楽。

そして、たくさんのスキンケアに使っていた時間とお金は返ってくるのです。

さらに、まつ毛のエクステをしている方は、オイルフリーなので、エクステが落ちにくいんです。

 

まつ毛のエクステが落ちない

 

今まで「オールインワンジェル」と呼ばれる、洗顔後の保湿だけをすべて行う化粧品はありましたが、クレンジング・洗顔から保湿までのすべてを行う「オンリーワン クレンジング」というものはなく、ゼンライフが世界で初めて開発しました。

 

私達は「他社との差別化のための創造」はしません。お客様にとって「飛躍的に良い体験のための創造」を心がけています。

 

このオンリーワンクレンジングが、忙しい日々の癒やしとなり、あなただけの美しさを作る事ができると確信しています。

電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-17:00