目の下の「青グマ、茶グマ」の治し方。

青グマ・茶グマ

 

朝、鏡を見て気になる所のひとつ、目の下のクマ。

 

人によって、クマは青・茶・黒と様々な色があります。

(ちなみに写真は、ちょうど我が家に、末っ子愛用の青クマ・茶クマがいました。)

 

今日は、色別のクマの対処法をご紹介します。

・青グマの場合

原因は、血行が悪いため。

寝不足、運動不足、貧血気味の方に多く見られます。

ということは、よく運動してたっぷり寝て、血行を良くすることが治す近道です。

冷え性の方にも出やすいので、暖かい服装を心がけてください。

 

・茶グマの場合

これは、シミやそばかすと同じでメラニンによるもの。

日焼けの他に、アイメイクを落とす時の、こすり過ぎが原因です。

日傘・帽子などの紫外線対策と、目の周りのクレンジングは、たっぷりと量を使って肌摩擦を減らし、そーっと、こすらずに落としましょう。

 

・黒グマの場合

アイライナーなど、アイメイクの色素が残っている場合が多いです。

まずは、充分にアイメイクを落とせるクレンジングを選び、そーっと優しく落としてください。

または、落ちにくい頑固なアイメイクを変えてみることもご検討を。汗をかく時と、かかない時で分けるのも手です。

 

以上の対策で、クマを減らすまではやはりメイクでカバーするしかありませんね。

 

 

1 / 11
電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-17:00