日焼け止めを塗ると、肌が乾燥するのはなぜ?

お客様から「日焼け止めを塗ると肌の乾燥がひどいのはなぜでしょうか?」と言う質問をいただきました。

サイトのリニューアルなどでバタバタしておりましたが、つい先日、皮膚科医の男性とお話する機会があり、このことについて訪ねたところ

「日焼け止めにふくまれる紫外線吸収剤によって、肌が乾燥する事が多い。この紫外線吸収剤というのは、肌表面で紫外線を吸収した後、熱などに変えて放出する。その際に、肌の水分を奪うんです。」

とのことでした。さらに

「ほとんどの場合、日焼け止め効果の高いものほど、この紫外線吸収剤が多くふくまれているので、より乾燥しやすい。」

とも。

もし、日焼け止めによる乾燥でお悩みの方は、SPFの数値が低いものを選び、日傘や帽子と併用することが良いと思います。

参考までに先ほどの紫外線吸収剤の代表例として、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン-3 などがあり、これらの全部、またはいずれかの成分がほとんどの日焼け止めに入っています。

1 / 11
電話による購入、ご相談はフリーダイヤルまで!【受付時間】平日9:00-17:00